アジサイの育て方|正しい育て方を知って梅雨の時期に楽しめるアジサイを育てよう

人気の植物を育てたい

これからガーデニングを始める場合、どうせ育てるのであれば人気の高いものを育てていきたいですよね?「あ」から始まる人気の高い花をランキング形式で紹介していきます。

「あ」から始まる人気の花

no.1

アサガオ

日本の夏を代表する花「アサガオ」が1位にランクイン。朝になると花開き、午後にはしぼんでしまうといった変わった性質を持つ花です。青や紫、ピンクなどの鮮やかなカラーが特徴です。

no.2

アザレア

2位はヨーロッパのベルギーで改良されてきたアザレアです。西洋ツツジとう名称で呼ばれることもあります。1年を通して楽しむことのできる花で、グラデーション綺麗な花びらが特徴です。

no.3

アジサイ

小さな花が密集した形が特徴のかわいらしい花、「アジサイ」。こちらも日本を代表する花として人気が高い花です。西洋アジサイと呼ばれる逆輸入されたアジサイもあります。

no.4

アスター

キクの様な花びらが特徴の「アスター」も人気のが高い花です。中国原産の花でビビットな紫の花びらでガーデニング用の植物としても親しまれています。

no.5

アスコセントラム

花をたくさん咲かせる小型のラン「アスコセントラム」が5位にランクイン。東南アジアなどの温暖な地域でよく見られる花で風通しのいい場所を好む植物です。

アジサイの育て方

婦人

アジサイの剪定について

アジサイの育て方を学んでいく上で剪定はそれほど重要ではありません。厳密に言うと全く必要ないと言っていいでしょう。しかし限られたスペースの中で育てていく場合は必要になってきます。

どこで育てるべきか

アジサイは梅雨の花というイメージもあるように雨に強い花ですが、日当たりの良い場所を好みます。最低でも半日陰となる場所に置いて育てるようにしましょう。

水や肥料について

アジサイを栽培していくうえで乾燥は厳禁です。乾燥すると一気に育たなくなるので適度に水を与えるようにしましょう。雨の少なくなる夏の時期は特に注意が必要です。肥料を与える場合は夏に与えてあげるといいでしょう。

どんな土が適しているのか

アジサイは水を好む植物ですが、土は水はけの良い弱酸性の土を好みます。アジサイは元々青い花を咲かせる植物ですが、土が酸性かアルカリ性かによって咲く花の色が変わるという性質を持ちます。

広告募集中